いまさら聞けないキャッシングとは

キャッシングという言葉はよく聞くけれど、実はよくわかっていないという方は意外と多いようです。
そもそもキャッシングとは何なのでしょうか。
ごく簡単にいうと、キャッシングとは無担保で受けられる少額の融資のことです。
通常のローンというのは持ち家や土地などを担保にして借りることができる金融商品です。
担保があるため1千万円を超えるかなりの金額を借りられるのです。
それに対してキャッシングとは無担保なのでどんなに多くても借りられるのはせいぜい5百万円です。
初めての利用ではよくて数十万円が上限でしょう。
このようにキャッシングは無担保で少額の融資を受けられる金融商品なのですが、もちろん誰でも借りられるとは限りません。相手も商売ですから返してくれなさそうな人には貸さないわけです。
信頼性の高い人に貸すわけですが、初対面ではわかりません。
そこで行うのが審査なのです。
職業、勤続年数、住まいの形態など様々な項目から審査をし、返してくれそうな社会的信頼性の高い人と認められてはじめて融資を受けられるのです。
フリーターや専業主婦では審査に通らないといわれていますが、お金を返してくれる社会的信頼性が得られれば、借りられる可能性はあります。